×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プリザーブドフラワーの花ギフトは結婚のお祝いや新装開店、お見舞いやプチギフトなどの贈り物にバッチリ☆ 枯れないお花をプレゼントしませんか?

HOME 贈り物をする時のマナー
ブリザードフラワー・花の贈り物

贈る理由は明確に

理由もないのに贈り物を贈る人はいないでしょうが、相手方にその贈る理由がハッキリ伝わらなければ、受け取った人は大きな不安を持つかもしれません。日本の「のし紙」に書く「表書き」は贈る理由をハッキリ伝える役割を持っています。熨斗(のし)が付かない品物などは「メッセージカード」や「言葉」で必ず贈る理由を伝えることが大切です。そうすることで、先様は「品物をもらった」だけではなく、送り主の「心」が伝わり、品物以上の価値を持つことになります。

贈るタイミングはもっと大切

せっかく相手方に用意した贈り物もそのタイミングを外すと価値も半減してしまいます。彼女に遅れる理由もなくクリスマスプレゼンとを12月26日に贈って、「ありがと」の一言ですまされてしまうような物です。

また不幸な場合のお見舞いなどはお知らせを聞いてすぐ贈ると、まるで用意していたような印象があるので、相手の様子をお伺いしてからが無難です。いずれにしても相手の「気持ち」「様子」を考えて贈るようにすることが大切です。

贈り物を頂いたお礼はもっともっと大切

贈り物に対するお礼は贈っていただいた人とのつきあいの中で大変大切なことで、どのような場合でも必ず必要です。贈り物は、気持ちを伝える物ですから送り主の気持ちを大切にマナーとしてお答えしましょう。

直接受け取った場合は、その場でお礼も言えますが、宅配で受け取った場合、すぐ「礼状」や「電話」でお礼するようにします。食品などは、食してからがよいでしょう。食べてもいないのに「おいしかった」とはいえませんよね。お礼をすることで贈った方もきっと安心されたり、喜んだりされるでしょう。
また今ならお礼も「E-mailなら即」となるのでしょうが、まだ大丈夫とのんびり構えすぎてお礼もタイミングを外さないよう心がけましょう。

贈答とタブーとルール

● 数の基本は、奇数が慶事で偶数が弔事となります。

● 吉数は三・五・七・八。区数は四・九といわれています。
  (八は偶数ですが末広がりを表していますので吉数になります)

● 一対以上の久美になっている物は、偶数であっても慶事です。

● 慶事と弔事が重なった場合は、弔事が優先となります。
  値札の付いた品物は厳禁、特売品、贈り物の流用は要注意です。

● 目上の人には、身につける物は贈らない方が無難です。

お返しの心得

一般的に「慶事は全返し、弔事は半返し」と言われていますが、これはあくまで原則です。
自分と相手の方との関係、自分の事情などでお返しは考えても良いでしょう。
贈る場合と同様 目上に薄く、目下に厚くというのが原則です。
返礼の時期は慶事なら10日~2週間くらい、 弔事であれば35日~49日が目安です。

花を贈るときのマナー


ブリザードフラワー・花の贈り物:このページトップへ
[PR] 大阪 出張 マッサージ| クイズ| 興信所 大阪| ハーブ| ビンテージ ヘルメット| 占い| 葬儀| 競馬予想| チャットレディ | ゴルフバー 電話占い| 出会い| アイスタイル| 出張マッサージ検索全国版!!